やさしいヨガ哲学で上手に生きる〜3つのグナ〜

前回のヨガ哲学のお話は、一元論と二元論についてでした。 
その中でお話しした、霊質が持つ性質=3つのグナについて、
今回はお話ししています。 

ヨガの二元論では、人の存在の根本は霊我と霊質の2つから成るとされています。

その内の霊質は3種類の性質を持ちますが、本来の姿ではその3種がバランスを保っている為 目で見たり耳で聞いたり出来るような形では現れていません。

ですが、その3種のグナのバランスが崩れる事で、五感や様々な器官、意思が生まれ、 その対象となる色や香などの微細な元素が生まれ、更にその先に物質世界が生まれたとされます。例えば光を目で捉え、音を耳で捉えるなどです。

物資を捉えるための意思や器官が先にあって、後から物質が顕われたのです。ところが私たちの身の回りには、物質を追いかけるのに一生懸命になり過ぎて 意思や器官を疲れさせてしまうという事が多く感じませんか?

この疲れ=ストレス(苦しみ)を収めるには、3つのグナの均衡を取り戻す事が必要で、その為にヨガが行じられるようになったという事です。

勿論、現在は色々な目的や方法でヨガに触れている方が沢山いらっしゃいますし、私も哲学の事なんて知らずにヨガを始めて、それでも明らかに心身が元気になって行ったのですが、ヨガ哲学を知る事でより心が騒がなくなって来たのも確かです。(ヨガの最高地点と言われる段階には程遠いですが…) 

なるほど!と興味を持っていただけたら幸いです。 
そうでなくても、一人ひとりの方がご自身にあった方法で ヨガを楽しめますように…。

前回の動画はこちらこちら↓
「やさしいヨガ哲学で上手に生きる~霊我と霊質~」 


InShotで編集: https://inshotshare.app


西武池袋線小手指駅南口から徒歩17分
こてさし ヨガの家
【電話番号】042-001-9383
【メールアドレス】contact@yoganoie.info
【住所】〒359-1148 埼玉県所沢市小手指台11-22
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】不定期

やさしいヨガ哲学で上手に生きる〜霊我と霊質〜

今回のヨガ哲学は一元論と二元論のお話です。
タイトルは「~霊我と霊質~」となっていますし、
動画の冒頭でもそれについてお話しすると言っていますが、
霊我と霊質は二元論の概念で、
一元論についてもお話しさせて頂いています。

【二元論】
人間は「霊我(プルシャ)」と「霊質(プラクリティ)」の2つの根源からなり、
霊我は基体、霊質は質量因、動力因とされます。
霊質の展開によって肉体となった私たちはいずれ、
霊我と霊質という根源の姿に還るとされ、
それはヨガによって促されるとされます。

【一元論】 人間にはその一人ひとりの本質である「個我(アートマン)」が有り、
肉体を生きる私たちの多くは個我に気づかないのですが、
ヨガを通じて個我が明らかになるとその先には更に「大我」と一体になります。

大我とは万物の根源と考えられるブラフマンの事です。

「これが正解」というものではなく、これを参考にして、
観て下さる方それぞれが生きやすい哲学を
見出して頂けたら嬉しいです。

※この動画で使った手描きの絵は、シニアヨガレクレーションでヨガの哲学についてお話しさせて頂いた時の物です。


こちらも参考にしてみて下さい。
「やさしいヨガ哲学で上手に生きる〜人間説~」

InShotで編集: https://inshotshare.app


西武池袋線小手指駅南口から徒歩17分こてさし ヨガの家
【電話番号】042-001-9383
【メールアドレス】contact@yoganoie.info
【住所】〒359-1148 埼玉県所沢市小手指台11-22
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】不定期

やさしいヨガ哲学で上手に生きる〜人間馬車説〜

今回のヨガ哲学は「人間馬車説」のお話です。

人間五蔵説と根本は同じですが、
「5つの次元」という 抽象的な解釈の人間五蔵説と比べて、
人間馬車説では人生と言う道を進む馬車とその手綱を握る御者、
馬車に乗るのが主人と考えるので、
より人の存在を理解しやすいのでは無いでしょうか。

↓こちらの動画も参考にしてみて下さい。
やさしいヨガ哲学で上手に生きる〜人間五蔵説〜

InShotで編集: https://inshotshare.app


西武池袋線小手指駅南口から徒歩17分こてさし ヨガの家
【電話番号】042-001-9383
【メールアドレス】contact@yoganoie.info
【住所】〒359-1148 埼玉県所沢市小手指台11-22
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】不定期