生理中のヨガはOK?

「生理が来ちゃったのでヨガお休みしたいのですが…」とか、「お休みした方が良いですか?」、「参加しても良いですか?」等のご質問を頂く事が有ります。

私の個人的な意見ですが、生理痛が重くて1日中寝込んでしまうという方は、お休みした方が良いと思います。

生理痛を軽くしたくてヨガを始める方も有るかと思います。

ヨガをする事で筋肉が解れて血行が良くなり、生理中の辛い症状が軽くなる事も有りますが、その様な体質改善は、ヨガを習慣にすることで徐々に得られるケースが多いですから、焦らずに辛い時はお休みしましょう。

生理が終わりに近づくと楽になるという事であれば、その頃には参加して頂いて大丈夫でしょう。

生理中の辛い症状は特にない、という方にも少し気を付けて頂きたい事が有ります。

「肩立ちのポーズ」や「頭立ちのポーズ」、「鋤(スキ)のポーズ」等、頭が下になり足を高く上げるポーズは避けた方が良いと言われます。何故なら、生理では不要になった子宮内膜が剥がれて排出されますが、頭が下に、足が上になる姿勢は排出しづらい姿勢だからです。不要物が体の中に押し戻される訳では有りませんが、重力に逆らわない自然体に近い姿勢の方が体への負担も少なくなります。

動いた方が楽になるという方もいらっしゃいます。そういう方は、筋肉を解すストレッチ要素の強いポーズを行うと良いでしょう。腰痛の予防・改善の為の3セットもご参考にして下さい。

ヨガをしている途中で「ドキッ」とする瞬間も有るかもしれません。集中が途切れてしまうとリラックスもしづらいですから、安心してヨガに取り組めるサニタリーをご用意下さい。


別売りショーツと合わせるとより快適です。


ピタッとフィットしますが締め付け感は有りません。羽が織り込めてアウターに響きにくいのも良いですね。



西武池袋線小手指駅南口から徒歩17分
こてさし ヨガの家
【住所】〒359-1148 埼玉県所沢市小手指台11-22
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】不定期

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA