暑かったり寒かったりですが…。(所沢小手指のヨガ教室「こてさし ヨガの家」)

今年初めて「寒の戻り」という言葉を知りました。春に近づく今頃の時期に冬に逆戻りした様な気候になるのを指すそうですが、今年は2月から何度も厳しい寒さの日が有りましたね。かと思うと初夏の様な暑い日が有ったり、午前と午後で気温や天気がガラリと変わったり…。昨日は所沢はミゾレの予報でしたがみぞれどころか少し雪が積もっていましたね。途中で雨に変わり雪が残らなくてホっとしています。午後には天気が回復してまた暑くなるようですね。寒暖差で体調を崩されない様に、皆様お気をつけください。

さて、今年は例年には無い厳しい寒さの日が有ったのは確かの様ですが、私は毎年の様にこの時期は「異例の○○」と聞いている様なな気がしています。去年も一昨年も雪が降った時はテレビでもネットでも大きく取り上げられましたし、それ以前は良く覚えていませんが、2013年の2月に2回、大雪が降ったのを私は覚えています。何故かと言うと、その2回の内1回は舞浜の人気のテーマパーク(笑)に行っていたからです。1度目の雪の日に行く予定だったのですが、雪がひどいからと延期したらその日も雪でとても寒い思いをしたのを覚えています。後から思うと1度目の雪の日は午後からは良い天気で、「あの日に行っていればね…(´;ω;`)」と話したのを覚えています。皆さんも何年かに1度は必ず、「例年にない○○」を聞いているのでは無いでしょうか?実際、昼食を取っている際に別の席で「いつも同じこと言ってるよね。。。」と話している人たちも居ました(*´艸`*)

テレビやインターネットで取り上げられると「え~!?」と驚きますが、「年中、平年並み」というのも中々無いですよね。梅雨の時期に雨が少なかったり、真夏でも雨ばかりだったり。

ヨガでは「二極の対立感情がストレスを生む」とします。二極の対立感情をもっと柔らかく言うと、以前の記事にも有る「好き嫌い」と同じですね。感情以外にも、私たちの周りには「相対するもの」が沢山有りますね。「暑いと寒い」・「右と左」・「早い・遅い」等など。二極の物を比べた時に苦しみが始まるのも確かですが、「比べる事無しにこの世を理解する事は出来ない」のも事実です。生きるために必要な目安として解釈出来れば良いのですが、その「相対するもの」には様々な感情がからむ事も多いですよね。「早くして!!」は私がイライラと共に娘に良く言うセリフですし、夏場にフラッと入ったお店で冷房がキツイと「暑いから薄着してるのに!!」と少し悲しくなったりします(笑)

ですが、私たちには多くの事に対処するという「知恵」が有りますよね。寒ければ厚着をするとか、天気が悪い時には不要不急な外出を避けるとか、相手とペースが合わない時は一方が待っている間に別の事をしておく、もしくはただ待つ(自分で耳が痛いですが(;’∀’))

とかですね。頭では分かっているけどなかなか…という時に体の動きでスイッチを切り替えるという方法が有ります。これも、お馴染みの(?)「力むと緩む」です。呼吸だけを意識しても良いです。「吸うと吐く」ですね。ストレスに直面した時に思い出すのは難しいので、日頃から慣れておくことがおススメです。色々なバリエーションの動きを試す方がより良いですよ♪慣れてしまうと心や体への影響も薄れてしまいやすいですから。
練習してもやっぱりイライラしてしまって「早くして~!!」と言ってしまう時も余り自分を責めないで下さい(;’∀’)大きな声を出して気持ちがスッキリする事も有りますから後は自分の行いを引きずらずに、「仕方ないな~(私も)と」笑顔で切り替えましょう♪

 

引用元暑かったり寒かったりですが…。(所沢小手指のヨガ教室「こてさし ヨガの家」)



こてさし ヨガの家

【電話番号】042-001-2474

【住所】〒359-1148 埼玉県所沢市小手指台11-22

【営業時間】8:00~17:00

【定休日】不定期

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA