ヨガと菜食

「ヨガってとても深くて食べ物の事にも拘るんですよね?」というご質問を頂きました。

そうですね。ヨガでは菜食を勧めます。私は声を大にしてお勧めはしていませんが実際に動物性食品を殆ど摂らなかった時期が有ります。

外食では色どりを良くしたりダシを取ったりする為に魚介や卵の入った物も有りましたが、目に見える範囲内で肉や魚介類・卵・乳製品をなるべく食べないようにしていました。

結果はどうだったかと言うと、特別健康になった訳でも不健康になった訳でも有りません。ただ、体が軽くなり、気持ちが穏やかになった気はします。体型は少し瘦せましたがせいぜい1~2kg程度でしょう。今は何でも食べますが余り変わりません。

人によって菜食をすることで得られる物は様々です。悪かった状態が良くなるなら、その人にとって動物性の食品が良くないのでしょう。

肉食を止める理由も自由です。体が受け付けないのか、味が嫌いなのか、心が痛むからなのか…。

私の場合、大きな変化は無かったのですが、そこから分かった事は無くても良い物だという事です。私は元々、肉も魚も卵も乳製品も大好きな人間です。そして健康に生きていく為にそれらは欠かせないと言われています。でも少なくともダシや色付けの為に入っている程度の摂取で1年以上、健康は損なわれなかったのです。

前述した様に、これは人に因って結果が違います。ただ、何かを変えたいと思う時に、「当たり前」だと思ってしている事を止める意味で、

食事を変えるのも一つの手段では無いでしょうか?

友だち追加

引用元ヨガと菜食



こてさし ヨガの家

【電話番号】042-001-2474

【住所】〒359-1148 埼玉県所沢市小手指台11-22

【営業時間】8:00~17:00

【定休日】不定期

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA