腰痛の予防・改善の3セット

腰痛の予防や改善には「腹筋と背筋のバランス」というお話を聞いた事が有りますか?
よりも腹筋が強すぎると背中が丸まり、腰(おへその後ろ側)が伸びっ放しになりやすく、腰痛の原因になりますし、腹筋よりも背筋が強すぎると、腰が反り過ぎになり、これも腰痛の原因になります。

では、どうすれば腹筋と背筋のバランスを取る事が出来るのでしょう。

お勧めのヨガのポーズを挙げてみました。先ずは「腰を伸ばす」ポーズです。

下を向いた犬のポーズです。胸をマットに強く押し付けると、背中や腰が反って逆効果になるので、手のひらでマットを斜め前方向に押し付けるようにしましょう。

次は背筋を使って「腰を反らす」ポーズです。

コブラのポーズです。反った時に肩が上がって居ると、首をすくめた様な姿勢になり、背中が丸まった姿勢になりやすくなるので気を付けましょう。手のひらをマットに押し付けると良いですよ。

さて、タイトルには「3セット」と有るのにここまでで2種類のポーズしか出てきて居ませんね(笑)腹筋と背筋のバランスを取るのにもう一つやっておくと良い動きがあるのです。

それは腰をねじる、もしくはわき腹を伸ばす動きです。

腰は前と後ろだけでなく、横にも倒せますし、ぐるっと回すことも出来ますよね。ですから横への動作もやっておくと、腰の動き全部をまんべんなく使う事になり、どこかに力が偏って痛くなるというのを防げるのです。腰をねじるポーズやわき腹を伸ばすポーズだけの動画のストックが無かったので、今回は2つのポーズを繋げた動画をご案内しますが、この動画で紹介している、1つ目の「三角のポーズ」が、わき腹を伸ばすポーズです。

これで腰痛の予防・改善の3セットが揃いました。やりやすい物から…と言いたい所ですが、この3つはバランスが大事なので、もし腰痛の予防・改善の為に取り組まれるなら、3つとも少しずつ続けて見て下さいね。

西武池袋線小手指駅南口から徒歩17分
こてさし ヨガの家
【電話番号】042-001-2474
【住所】〒359-1148 埼玉県所沢市小手指台11-22
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】不定期

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA