ダイエット前と後の写真はここをチェック☆(所沢小手指のヨガ教室「こてさし ヨガの家」)

3枚の写真をお見せします。

1枚目の写真は2018年3月2日に撮影したものです。

続いて2枚目は…今日3月26日現在です。

え!?1か月足らずで太ってしまったの!?それとも以前の写真は加工してあった?まさか別人??

もう一枚写真をお見せします。これも今日現在のものです。

さて、何故こんな画像・映像をわざわざ公開したかをお話します。ダイエット前と後の写真がインターネット等で沢山見られますが、大体こんな感じでウエスト周りにフォーカスしている物が多いですよね。そしてダイエットで特に痩せたいところも、このウエスト周りという方が多いかと思います。ですが、既に↑の写真でもお分かりいただける様に、ダイエット期間を経なくても、この様なビフォア・アフターの写真を撮影する事は出来ます。

「ですので〇日で〇kgのダイエットに成功!?」等の見出しがついていても、それと一緒に掲載されている写真は注意して見て頂きたいのです。どうしたら同じ日の同じ時間にビフォーアフター写真が撮れるのかは後でご説明したいと思いますが、先ず写真のどこに注意が必要か、です。ダイエットで気になるところはウエスト!と言う方が多いのは既にお話した通りですが、ウエストだけでなく、腕や足、全体のバランスは写真ではどうでしょうか?ウエストだけが写ってる写真ではダイエット前と後でどう変わったかの判断が付きませんよね。ダイエットサロンやトレーニングジムなどの広告で全身の写真を使っている所は多いですが、そういった全身の写真の方が信ぴょう性は高いと思います。腕や足はウエストの様に同じ日の同じ時間に短期間で痩せたような写真を撮るのは難しいからです。特に細身の女性などの場合は尚更です。というのは、元々、筋肉質な方が短い間に一気に負荷をかけて筋肉を肥大させることは不可能では無いからです。ですが、この場合はビフォアの段階で結構な逞しい映像が撮れる事でしょう(笑)。

ここまでで何となくお分かりの方も有るかと思いますが、筋肉の使い具合で体の見え方が変わってくるという事です。そして、ダイエットをしようとする時に、普段のリラックスしている状態で腹筋が浮き出て見える様な状態が必ずしもゴールで無い事を念頭に置いておくと成功しやすいかと思います。私がヨガ指導をしてきた中で、インストラクターは勿論、生徒さんの中にも、普段から腹筋が割れている人は何人も居ましたが、そうでなくても運動時には筋肉が浮き出てパフォーマンスにも問題ない方も居ました。

そして、例えば、結婚式でドレスを着たい、ビーチで水着を着たいという理由でダイエットを始める方も多いですが、四六時中ウエストが凹んでいなくても良いのです。モデルさんやタレントさんなら、人に見られている間はポッコリお腹なんて見せないわ!!という方があっても良いと思いますが。そうでない方でもある程度、腹筋を鍛えれば長時間お腹を凹ませて置く事も苦ではないですしね。

何より、筋肉を四六時中ずっと緊張させておくというのは良く有りません。必要な時に緊張して必要な時にリラックスするのが良い筋肉の使い方です。ずっと同じ状態でいれば血行が悪くなったり、体が硬くなったり、動きがぎこちなくなったり、痩せにくくなる事も有ります。

ダイエットをしようとする時、している時は、ポッコリお腹も受け入れてあげて下さい。それは悪い事では有りませんから。そして、ビフォア・アフター写真を見る時にはウエスト以外の所も注意して見てみて下さいね。  

 

引用元ダイエット前と後の写真はここをチェック☆(所沢小手指のヨガ教室「こてさし ヨガの家」)



こてさし ヨガの家

【電話番号】042-001-2474

【住所】〒359-1148 埼玉県所沢市小手指台11-22

【営業時間】8:00~17:00

【定休日】不定期